スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

効果音製作

soundmaking.jpg

今日は現在の開発環境についてのお話です。

いま効果音の作成に取り組んでいるんで、ここで今俺が行っている爆発音の製作手順について説明します。

上の画像はフリーソフトのAudacityです。
http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/music/soundedit/audacity.html

サウンド製作はいつもこのソフトに頼ってます。
じゃあ、簡単に手順を説明します。

手順1: 適当な音をサンプリング
何でもいいので基になる音を用意します。
俺の場合、作曲ソフトでノイズを鳴らして使っていますが、どうせ無茶苦茶に歪ませてしまうので、素材は何でもOKです。

手順2:大雑把な形を作る
爆発音は音の鳴りはじめに最大音量、その後は少しずつ減衰していきます。
なのでサンプリングしてきた音の前の方(音の小さい箇所)を選択→delします。
後半は「効果」→「フェードアウト」でまとめます。

手順3:音を歪ませる
上の画像を見ての通り、波形の縦軸は「1.0 ~ -1.0」です。
音を適当に増幅すると、この幅よりも振り切れてしまった部分がカットされて潰れます。
これがいわゆる「歪み」で、ディストーションやファズも同じ原理です。
この歪みが爆発音っぽさを出してくれます。

手順4:適当にフィルターをかけまくる
「効果」を選択し、好みに応じて直観だけを頼りにいろいろなエフェクトをかけます。
主に「FFTフィルター」と「低音の強調」で好みの音域を増幅します。
ガンガン増幅しまくるので音がどんどん潰れて歪んでいきます。

そして完成!!


と、まあ、こんな感じです。
もし素材がステレオだった場合、ステレオを分離してモノラルにすることをオススメします。
以上で説明終了。

もっと効果的なサウンド製作方法を発見したら随時報告します。

「なるほど」と思った人、真似してくれて結構です。
そんなあなたには、さっき作ったサンプルをうpしておきますので、好きなように使ってくれて結構です。
爆発音

「へっ、大したコト無いな!」と思った人、ゴメンナサイ。これが俺の限界です。

さて…出来ればこの方法で10種類ぐらいは爆発音を作成していきたい…
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

NMT

Author:NMT
コメントや拍手は気軽にどうぞ。
多少唐突でも何か書き込みあ有ると大喜びします。

カテゴリ
楽曲視聴
Soundcloud
最近の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。