スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立科学博物館の「生命大躍進展」見てきたぞ

■イベント概要
生命大躍進-脊椎動物のたどった道-
詳細:http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2015/evolution/
開催期間:2015/07/07 - 2015/10/04

■酷く偏ったレビュー
NHKスペシャルで放送していた「生命大躍進」の特別展。
原始生命から人間に至るまで、代表的な生物の化石やレプリカが展示されている。
サブタイトルの「脊椎動物のたどった道」にもかかわらず、カンブリア紀周辺の節足動物の展示は充実している。
本展の目玉の一つとして、節足動物大好きっ子なら垂涎の巨大生物
「ウミサソリ」も来ているぞ。
DSC_0866.jpg
カワイイ。
ウミサソリは全長2.5メートルに及ぶ史上最大の節足動物。
DSC_0844.jpg
模型になってもカワイイ

同じく節足動物(ではないとも言われているが)、オパビニア
DSC_0855.jpg
カワイイ。

魚類からは、大型の肉食魚、ダンクルオステウス
DSC_0868.jpg
カワイイ
(科名の「ジニクチス」の方がシックリ来る気がする)

恐竜展ではないので、「恐竜」要素はかなり控えめだ。
大部分はレプリカだし、恐竜のスペースや展示数も少ない。
後半は哺乳類、類人猿、原人の展示になっていくが、ここでは割愛させて頂く。

最後に、物販コーナーの話。
ウミサソリの巨大ぬいぐるみ、30万円。
この値段設定、守りたい(買うとは言ってない)

DSC_0872 (1)


■総評
ウミサソリの化石に合えただけで俺は幸せだった。
古代生物好きなら今すぐ1600円握りしめて出撃すべき。

ちょっと残念だったのは、あくまで本展示が「人類までの進化の道のり」を主題とする展示であるため、
俺の好きな節足動物の展示が中盤以降まったく無いこと。
この点に関しては、後に別の展示でぜひ補って頂きたい、マジで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NMT

Author:NMT
コメントや拍手は気軽にどうぞ。
多少唐突でも何か書き込みあ有ると大喜びします。

カテゴリ
楽曲視聴
Soundcloud
最近の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。